HOME > 副作用・注意点

副作用・注意点

副作用について

副作用についてのイメージ

超高濃度ビタミンC点滴療法には重大な副作用はありません。ビタミンCは水溶性ビタミンで過剰症もなくはややかに尿中排泄されます。

しかしこれまでに報告されているものとして以下のような副作用と注意があります。

  1. 非常にまれですが腎結石を発症したという報告があります。
  2. 心不全、腹水、浮腫に注意が必要です。
  3. 腎不全に注意が必要です。(採血で腎機能を定期チェックする必要があります)
  4. 血管通:浸透圧が高くなることにより血管痛がおこることがあります→点滴スピードを調節することで対応できます。
  5. G6PD欠損症の方に溶血がおこることがあります。(日本人にはG6PD欠損症は非常に稀です)
  6. ビタミンCは構造的にグルコースに似ているため、見かけ上の高血糖がおこることがあります。

注意点について

注意点についてのイメージ

糖尿病の治療中の患者様は、超高濃度ビタミンC点滴療法をお受けいただいている間は、見かけ上の血糖値が高くなります。
これはビタミンCの構造がグルコースに類似していることによるものです。従いまして指先採血で自己血糖測定をしてインスリンの量を決めていらっしゃる患者様は注意が必要です。

超高濃度ビタミンC点滴療法をされている糖尿病患者様の正確な血糖値を測定するにはヘキソキナーゼ法を用いる必要があります。

医院外観のイメージ
住所
福岡市西区福重5丁目1-41
最寄駅
姪浜駅 徒歩15分
診療時間
平日9:00~12:30/15:00~18:00
木曜日9:00~12:30
土曜日9:00~12:30/14:00~17:00
休診日
木曜午後、日曜・祝祭日

お問い合わせ 詳しくはこちら